MENU

脳ドック

Brain Dock

脳ドック

脳ドックについて

症状の出ない脳梗塞(かくれ脳梗塞)や脳出血、脳血管狭窄・閉塞、脳動静脈奇形、脳動脈瘤などの血管の異常、脳腫瘍などをMRI・MRA検査で早期に発見することができます。同時に行う採血や心電図検査では、脳卒中の危険因子がないかを調べることができます。
脳ドックの結果により、脳卒中(脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血)の危険性を評価し治療に反映することができ、手術が必要な疾患が見つかった場合には高次医療機関にご紹介することもできます。また、問診と診察、頭部MRI上での脳萎縮やかくれ脳梗塞の状態を総合的に判断することで、認知症かどうかの評価、認知症のタイプの判別などをすることが可能です。認知症予防の生活習慣指導や、認知症の診断であれば症状の進行を遅らせるために薬物での治療を開始することができます。

当クリニックは神経内科専門医と脳神経外科専門医がそれぞれ常勤しています。脳ドックに関する画像評価に関しては、上記2名によるダブルチェックを行い画像診断の精度をより高めています。
神経内科と脳神経外科で共通の疾患、専門性をより必要とする疾患があります。脳ドックの結果、治療が必要な場合や今後も継続して経過観察が必要な場合には、疾患によっては専門性の高い科の医師が担当いたします。

脳ドックは予約制のため、
ご希望の方はクリニックにご連絡下さい。
脳ドックの結果に関しては
後日の説明になります。

  • 1.5テスラMRI検査
  • ABI検査

標準脳ドック検査

検査料金標準脳ドック検査 35,000円(税込)

標準脳ドック検査項目

検査項目検査内容
身長、体重、腹囲、血圧測定血圧、肥満やメタボリックシンドロームの評価に用います。
問診日頃気になる症状や既往歴などに関して問診を行います。
診察、認知機能検査神経所見の異常や認知機能の低下がないか、診察と認知症スケールで評価します。
頭部MRI検査脳実質(脳そのもの)の評価を主に行います。
頭部・頚部MRA検査脳動脈や頚動脈の評価を行います。
採血検査肝機能、腎機能、電解質、中性脂肪、コレステロール、血糖、尿酸の異常がないか、また、貧血や炎症の有無の評価を行います。
尿検査尿潜血、尿蛋白、尿糖の有無などを評価します。
心電図脳卒中の危険因子となる不整脈がないか、心肥大や心筋の虚血性変化がないか評価します。
ABI検査
(ABI=Ankle Brachial
Pressure Index:足関節上腕血圧比)
血管年齢、動脈の硬さの程度、足の動脈の詰まりの程度(動脈硬化の程度)が検査で分かります。

簡易脳ドック検査

検査料金簡易脳ドック検査 25,000円(税込)

簡易脳ドック検査項目

検査項目検査内容
身長、体重、腹囲、血圧測定血圧、肥満やメタボリックシンドロームの評価に用います。
問診日頃気になる症状や既往歴などに関して問診を行います。
診察、認知機能検査神経所見の異常や認知機能の低下がないか、診察と認知症スケールで評価します。
頭部MRI検査脳実質(脳そのもの)の評価を主に行います。
頭部・頚部MRA検査脳動脈や頚動脈の評価を行います。